ホームページ > 古美術豆知識 > その8 保管方法

古美術豆知識

«一覧へ | 前へ | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 | 次へ

その8 保管方法

品物によって保管方法は異なりますが、最も気を付けなくてはならないものは書画ではないでしょうか。 書画は虫喰いやシミを防ぐために、少なくとも年に1回は箱から出して空気にさらすことが望まれます。

ただし、直射日光は、絶対に避ける必要があります。そして、陰干しは晴れた日が続く場合に行うことが肝心です。通常の保管は、温度と湿度が安定していて、風通しの良い土嚢の蔵またはトランクルームのような場所が理想的です。

また、漆器の場合には、強い乾燥と傷に注意が必要です。乾燥を防ぐためにも出来るだけ桐箱などに納め、温湿度の安定した場所で保管することが大切です。

金工品は、錆に注意が必要です。お釜のように水に触れるものは、充分に乾かしてから、布や紙などにくるまずに箱に仕舞う方が錆にくくなります。